このブログは、ケイエックス パソコン教室のブログです。

mercredi, août 08, 2012

Excelで三角関数

Excelは、Excelのファイルをbook(bookkeepingのbookで帳簿のこと)というぐらいだから、会計計算用のソフトだが、三角関数なども得意である。

下の図はネットなどでたまに見かける錯覚の図をちょっと書き換えたもの。

左は「1個足りない」、右は「4個足りない」。よくネットで見るのは左の図で三角の長辺がまっすぐに見えるので、錯覚をしてしまう。右は説明用に角度が違うのがはっきりわかるように描いたもの。

角θを計算してみると、赤い三角と青い三角が相似形でないのはすぐにわかる。

逆三角関数、アークタンジェント関数を使って、角θを求めれば、すぐに比較できる。

求まるのは、ラジアンなので、度に直すとわかり易い。

ディグリー関数でラジアンを度に変換する。

=DEGREES(ATAN(2/5))

=DEGREES(ATAN(3/8))

21.80141
20.55605