このブログは、ケイエックス パソコン教室のブログです。

lundi, juillet 18, 2011

視力検査表は無意味

眼底の検査では「これはひどい」といつも言われる眼だが、視力検査では「見えるじゃないですかぁ。」と言われる。パソコンを使う仕事だと、どうしても目(網膜)がやられるようだ。私の場合は大型コンピューターの端末からだから、30年以上もそんな仕事をしていることになる。網膜(眼底)まで検査すればかなり悪いことがわかるらしい。

視力検査で使われる視力検査表はあれだけ明るくて白黒がはっきりした環なら、かなり濁った白内障患者ですら見えるだろう。 ランドルト氏環というそうだが、眼(とくに網膜や水晶体の)の異常は発見できない。もっとコントラストが低い画像でないと網膜症は発見できないだろう。あんな検査で集団検診などしてもまったく意味がない。メガネの度数合わせにしか使えそうにない。