このブログは、ケイエックス パソコン教室のブログです。

lundi, décembre 09, 2013

いたずら? 問い合わせメールの変な日本語

最近、変な日本語の問い合わせメールが多い。「弊社のホームページを拝見しました。」とか。
帰国子女なんだろうか? パソコンより日本語(とくに敬語)を習ったほうがいいよ。

ビジネスメールで、取引先にこんなメールを送ったら、即日解雇間違いなしなんだよ。

「弊社」「小社」→自分の会社をへりくだって言う語。(「弊」は、「ボロボロ」おんぼろの意味。)
「当社」→普通に自分の会社を指す語。

「御社」→相手の会社。顧客企業。
「貴社」→相手の会社。顧客企業でも単なる取引先でも使える。

『ビジネスマナー講座』本気でやるかな。

そういえば、「ご回答」と質問への自分の回答に「ご」を付けてよこすバカもいるな。
これ、お名前○ットコムとヤ○ーだったような? そうとうに「威張ってやがるな」と思った。



mercredi, décembre 04, 2013

OCNのメールサーバー移転 接続エラー事件

ドリームネット(現在のOCN)からメールサーバー移転のお知らせが夏に届いて、9月から替るということだったのだが、技術的な問題があったようで今頃(12月)までずれ込んだ。しかし、お知らせ通りに変更すると接続エラーとなる障害が発生した。

私は、△△△△@bf.mbn.or.jpと △△△△@dream.comの2つのメールアドレスを持っている。

mbn.or.jpやdream.comのメールサーバーからocn.ne.jpのサーバーへ移転するということであった。(
メールサーバーをxx.mbn.or.jp→pop.ocn.ne.jp、smtp.ocn.ne.jpに変更)

うちは、OCNはMBNの時代から使っている。MBN→ドリームネット→OCNと名称変更や合併を繰り返しているが、遡れば20年近く使っていることになる。昔から障害対策で@ニフティ(昔のinfowebとnifty)と2つのプロバイダと契約している。(法人化は2007年からなので、当時も今も個人の契約になっている。)

ホームページの中にあるような設定でサーバー名などを書き換えて接続を試みると、接続エラー(ユーザー名とパスワードを確認してください。)となってしまう。ホームページの内容をどう読んでも、ユーザー名がメールアドレスそのものになることと、パスワードは変更なしだということになっていた。このことでOCNのドリームネット担当サポートにメールやFAXをしたが、なかなか返信がなく、やっと来たと思ったら、ホームページに書いてあるサーバー設定の内容を丸写しにしただけのサポートにもなんにもならないメールが届いた。電話は、面倒で画像も送れないからメールやFAXで返信するように頼んでいるのに、「電話ください」という原始的なことまで書いてあった。それと、「パスワードを忘れた方の手続きを」してくれとも。パスワードを忘れていたら、今までメールが読めないでしょうが。パソコンの設定を電話で説明できるのかよ? ある意味相当にスキルがあるんだろうな(笑)。

解決方法
「パスワードを8文字だけ入力する」が正解。
サポートに何度メールを送っても解決しないので、自分なりに何度か試してみて、わかったことは、パスワードが以前のサーバー移転時に書き換わっていたということ。私がパスワードをMBN時代に字数を長くしてセキュリティ強化したのが原因なようだ。MBNからドリームネットに移転するときに8文字までに切られたが、互換性のために余りを無視するサーバー設定を当時の担当者がしたのだと思う。それを知らない今のドリームネット担当のOCNのサポートが「パスワードは変更ありません。」と答えてきたのだと思う。

実は、以前から(MBNがドリームネットになった数年後から?)長いパスワードだと受信はできるが、送信ができなくなっていたそうだ。主に接続を@ニフティにしているので、送信するときはニフティのサーバーで送っていたのでまったく気が付かなかった。

このあたりで、似たような話を発見。
前に発見できていたら、すぐに解決したのにな。
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2008/04/ocn_5e6c.html

ドリームネット(廃止予定?)のメールサーバー変更のお知らせが書いてあるトップページ
http://www.dream.com/