このブログは、ケイエックス パソコン教室のブログです。

vendredi, août 12, 2011

Windows7の画面が突然真っ黒になった。

Windows7の画面が突然真っ黒になった。

原因は、「パフォーマンスの設定」の「ディスプレイの電源を切る」がたったの20分に設定されていたから。

自分で設定した覚えはない。

どうやら、「自動更新」かなにかで、勝手に設定してくれやがったようだ。20分なんて操作しないでおいて置くことはいくらでもある。画面が突然真っ暗になったら、「故障か?」と思うじゃないか。うちの場合は「なし(常にON)」に設定してある。だから、そんなところが勝手にいじくられているとは思わない。余計なことをしてくれるもんだ。