スキップしてメイン コンテンツに移動

コロナウイルス感染症の影響について

当社のパソコン教室は通常営業しています。(土日、祝祭日、平日、すべて営業。)

開業当初から「講師のマスク着用」「インフルエンザ予防注射」「アルコール(消毒用エタノール)と次亜塩素酸ナトリウム(ケンミックス)と塩化ベンザルコニウム(オスバン)による教室およびマウスやモニターの消毒」などの感染症予防を行っています。今のところ、コロナウイルスの感染拡大は東京では広範囲では起きていないようですので、今のうちの受講をおすすめします。

一応、最近海外に訪問したことがある方、熱がある方、咳やくしゃみが出る方は、ご遠慮ください。(咳やくしゃみについては、ウイルスが入っていないとしても、その他のものが飛散しますが、マスクで対処できる程度なら可。)

受講者の方にもマスク着用と入室時の手の消毒をお願いしております。教室にも「受講者用使い捨てマスク」をご用意しております。玄関には「手ぴかスプレー(アルコール)」が置いてあります。

1日講習(1日7時間で1科目修了)、2日講座(2日合計8時間で1科目修了)、夜間通学講座(夜学、2部の通学講座。合計12時間以内で修了。夏秋期午後7時以降、冬春期午後6時以降。) 科目は、Word、Excel、PowerPoint、Access、HTML言語。



合同会社ケイエックスのパソコン教室



このブログの人気の投稿

「マヨグィニット法」怪しいダイエット

当社のパソコン教室には、大勢の人が来ますから、健康には気を使っているわけですが、ときどき、医者にも通っています。近所の内科に定期健診に行ったら、メタボ対策らしい変わった食事療法の紙をもらいました。

「マヨグィニット法」というと書いてあります。「国立病院の痩せる方法」とも。
しかし、そんなものは存在しないらしいのです。

医者が勧めるのだから、問題はないでしょうが、卵が多すぎるでしょう。 コレステロールが増えそうです。今時、グレープフルーツは安くは手に入りません。

英語で、「egg grapefruit coffee diet」と検索するとすぐに「Mayo Clinic Diet」がヒットしました。「マヨ」以外は間違いのようです。しかも、英語では「メイヨ」と発音します。Amazonにも本が売られているので、有名な食事療法のようです。確かにメニューが英語圏ぽい。 酢漬けの野菜とは、ピクルスの事だと思います。

1日目
朝・・・ゆで卵1個、グレープフルーツ1個、トースト1枚、コーヒー
昼・・・ゆで卵1個、トマト、コーヒー
夜・・・ゆで卵1個、きゅうり、人参、セロリなどの野菜サラダ、酢漬けの野菜、コーヒー

2日目
朝・・・ゆで卵1個、グレープフルーツ1個、トースト1枚、コーヒー
昼・・・ゆで卵1個、グレープフルーツ1個、コーヒー
夜・・・牛肉、トマト、きゅうり、人参、サラダ、セロリ、酢漬けの野菜、コーヒー

3日目
朝・・・ゆで卵1個、グレープフルーツ1個、コーヒー
昼・・・野菜サラダ、グレープフルーツ1個、トーストー1枚、コーヒー
夜・・・ゆで卵1個、羊の肉、トマト、セロリ、酢漬けの野菜、コーヒー

4日目
朝・・・ゆで卵1個、グレープフルーツ1個、コーヒー
昼・・・サラダ、グレープフルーツ1個、トースト、コーヒー
夜・・・ゆで卵1個、チーズ、ほうれん草、コーヒー

5日目
朝・・・ゆで卵1個、グレープフルーツ1個、トースト1枚、コーヒー
昼・・・ゆで卵1個、ほうれん草(おひたし)、トースト1枚、コーヒー
夜・・・魚、サラダ、トースト2枚、コーヒー

6日目
朝・・・ゆで卵1個、グレ-プフルーツ1、トースト1枚、コーヒー
昼・・・フルーツサラダ(リンゴ、バナナなど、缶詰はだめ!)
夜・・・牛肉ステーキ、トマト、酢漬けの野菜、コーヒー、野菜サラダ、セロリ

7日目
朝・・・ゆで卵1個、グレープ…

PCBとは? ASUSマザーボード

日本語ではプリント基板と呼ばれるが、英語では普通PCB(プリンテッド・サーキット・ボード)である。
ポリ塩化ビフェニルをPCBと呼ぶのは日本だけ。
ASUS(アザスと普通は読むだろうが、日本支社ではアスースと名乗っている)のマザーボードには基板番号としてPCB番号があり、PCBが違えば同じ名前のマザーボードでもスペックがかなり違う。製品情報では使えることになっているCPUでも、古い基板ではBIOSの更新だけでは実際には対応できないことがある。

赤が茶色に印刷されるプリンタ

ワードやエクセルで赤い図形などを作り、印刷すると、茶色かオレンジに印刷される。キヤノン、エプソン、フジゼロックスなどプリンタを変えても、同じ現象。レーザーでもインクジェットでも同じなのが納得いかない。イラストレータやフォトショップのCMYKモードでは多少は改善されるが、同じようなもの。モニターで赤く見えるというだけではなく、実際にM(マゼンタ)とY(イエロー)少しの赤にしてみても同じ。
ネットで調べても同じ現象は2、3しか記述がない。どうなっているんだろうか? だれも気づかないか、うちだけの現象か? 光の3原色は、色の3原色の1:1混色という単純計算なのだろうか? 赤ならマゼンタとイエローの混色、これでは、オレンジか茶色になってあたりまえ。かなり紫よりの赤にしないとだめだ。なにか自動補正してくれる機能はプリンタについていないかと思って調べ、カラープロファイルの変更で対処できそうだぐらいはわかるのだが、どのプロファイルが正しい赤になるのか分からない。