スキップしてメイン コンテンツに移動

某通販サイトの「おすすめ商品」の表示

某通販サイトの「あなたへのおすすめ商品」は、主に買った物の商品名とレビューした内容の文字を参考にして表示されたりメールが来たりするようだ。

AIでやっているんだろうが、まともに働いていると思えない。

 子供用品の宣伝メールがなんで来るのかと思ってみると、「スマイルキッズ」というブランド名の商品をたまに買っているからなようだ。ここの商品、子供とほぼ関係がない。「Excel」というブランド名の化粧品もおすすめにされている。これは、マイクロソフトのExcelとの勘違いだろう。「マグカップ」の宣伝は、エプソンプリンター用インクのあの買う時のヒント用のキーワード「マグカップ」が原因。「リコーダー」なら笛がおすすめになるのだろう。「パスタロン」という肌の保護クリームは、「パスタソース」を買ったから。マイクロソフトOffice系のテキストの「ドリル」から、「う●こドリル」なる小学生用の下品な本がおすすめとなるのだろう。「ブラジャー」の宣伝は「ブラックインク」が原因だと思う。ひょっとすると、「ブラザーのレーザープリンター」のあいまい検索結果なのだろうか? 商品カテゴリーを完全に無視しているようだ。レビューの単語も拾っているようだ。それと、単語での違反検出もやっているようだが、「2本のパイプを差し込んで組みたて」なんていう言葉まで違反だと言ってきたことがある。あとで、謝罪メールが来たが。

 うちは、「高齢者用や児童用の講座はありません。すべてビジネスパソコン講座です。」と書いておくと、「高齢者パソコン教室」や「児童用パソコン教室」を検索エンジンで引くのか、たまに間違って「Excel初心者向け講座」などに申し込んでくるお年寄りや親御さんがいる。「Excelってなんですか?」と受講中に聞いてくる。子供の受講者はまだよいが、子供用のテキストがないんですよ。




このブログの人気の投稿

PCBとは? ASUSマザーボード

日本語ではプリント基板と呼ばれるが、英語では普通PCB(プリンテッド・サーキット・ボード)である。
ポリ塩化ビフェニルをPCBと呼ぶのは日本だけ。
ASUS(アザスと普通は読むだろうが、日本支社ではアスースと名乗っている)のマザーボードには基板番号としてPCB番号があり、PCBが違えば同じ名前のマザーボードでもスペックがかなり違う。製品情報では使えることになっているCPUでも、古い基板ではBIOSの更新だけでは実際には対応できないことがある。

「マヨグィニット法」怪しいダイエット

当社のパソコン教室には、大勢の人が来ますから、健康には気を使っているわけですが、ときどき、医者にも通っています。近所の内科に定期健診に行ったら、メタボ対策らしい変わった食事療法の紙をもらいました。

「マヨグィニット法」というと書いてあります。「国立病院の痩せる方法」とも。
しかし、そんなものは存在しないらしいのです。

医者が勧めるのだから、問題はないでしょうが、卵が多すぎるでしょう。 コレステロールが増えそうです。今時、グレープフルーツは安くは手に入りません。

英語で、「egg grapefruit coffee diet」と検索するとすぐに「Mayo Clinic Diet」がヒットしました。「マヨ」以外は間違いのようです。しかも、英語では「メイヨ」と発音します。Amazonにも本が売られているので、有名な食事療法のようです。確かにメニューが英語圏ぽい。 酢漬けの野菜とは、ピクルスの事だと思います。

1日目
朝・・・ゆで卵1個、グレープフルーツ1個、トースト1枚、コーヒー
昼・・・ゆで卵1個、トマト、コーヒー
夜・・・ゆで卵1個、きゅうり、人参、セロリなどの野菜サラダ、酢漬けの野菜、コーヒー

2日目
朝・・・ゆで卵1個、グレープフルーツ1個、トースト1枚、コーヒー
昼・・・ゆで卵1個、グレープフルーツ1個、コーヒー
夜・・・牛肉、トマト、きゅうり、人参、サラダ、セロリ、酢漬けの野菜、コーヒー

3日目
朝・・・ゆで卵1個、グレープフルーツ1個、コーヒー
昼・・・野菜サラダ、グレープフルーツ1個、トーストー1枚、コーヒー
夜・・・ゆで卵1個、羊の肉、トマト、セロリ、酢漬けの野菜、コーヒー

4日目
朝・・・ゆで卵1個、グレープフルーツ1個、コーヒー
昼・・・サラダ、グレープフルーツ1個、トースト、コーヒー
夜・・・ゆで卵1個、チーズ、ほうれん草、コーヒー

5日目
朝・・・ゆで卵1個、グレープフルーツ1個、トースト1枚、コーヒー
昼・・・ゆで卵1個、ほうれん草(おひたし)、トースト1枚、コーヒー
夜・・・魚、サラダ、トースト2枚、コーヒー

6日目
朝・・・ゆで卵1個、グレ-プフルーツ1、トースト1枚、コーヒー
昼・・・フルーツサラダ(リンゴ、バナナなど、缶詰はだめ!)
夜・・・牛肉ステーキ、トマト、酢漬けの野菜、コーヒー、野菜サラダ、セロリ

7日目
朝・・・ゆで卵1個、グレープ…

オペレーティングシステムは現在このアプリケーションを実行するように構成されていません

「オペレーティングシステムは現在このアプリケーションを実行するように構成されていません」
ファイルをダブルクリックで開こうとすると出るという。(見たことはない)

まともにインストールされているOSやアプリケーションでは出ないのだが、素人さんが変にいじくりまわしたパソコンでは起きるようだ。

ファイルの拡張子とアプリケーションプログラムの関連付けがうまくいっていないことが多い(と思われる)。

考えられるのは、存在しないプログラム(削除してしまった)が関連付けされているか、関連付けをしようとして、間違って、プログラムのショートカットを開くアプリケーションに登録してしまった場合ぐらい。間違ったプログラムなら「予期しないファイル形式」とか「開けません」と出るだろう。

解決方は、ファイル名を右クリックし、プログラムから開くで、プログラムの選択、正しいプログラムで常に開くように設定しなおす。(ショートカットを割り当てないように。)


それでも直らない場合は、レジストリーが壊れているので、別のユーザーで起動するか試してみる。動くようなら、ユーザーアカウントを作り直す。


ユーザーを代えても変わらない場合、復元機能で過去に戻してみる。バックアップがあればそのバックアップからインストールしなおす。復元ポイントもバックアップもない場合は、OSのインストールからし直すしかない。