このブログは、ケイエックス パソコン教室のブログです。

vendredi, août 27, 2010

デジカメ修理 液晶割れ Lumix DMC-FX8





修理といっても、液晶割れだと部品交換しかできない。

レンズがだめなやつを前に買って置いたので、2個1してみました。

色がシルバーと青なので、ツートーンになってしまいました。

当社では、デジカメの修理もできないことはありません。

このカメラの液晶交換のための分解は、見えているねじを抜くだけです。難しいことはありません。
フレキシブルのケーブルを切らないように気を付けるだけです。
コネクタにラッチ(?)があるので、爪先で引き上げます。
液晶パネルだけを取り外すには、ドライヤーで温めて上下2か所着いている両面テープをはがしますが、割れる原因になるので、やらないほうがいいでしょう。

Lumixは、液晶割れとバックライト切れが非常に多いですね。パネルは旅行鞄にでも詰め込んだときに割れるのでしょうね。バックライトはLEDなので、バックライトが切れているのではなく、バックライトのケーブルが切れているのですが、やはり、液晶割れの物からケーブルをバックライトごと移植すれば直せます。半田修理はできなくもありませんが、たくさん液晶割れのパネルがあるのでうちではやりません。

PanasonicのDMC-FX7 DMC-FX8 DMC-FX9 などのレンズ不良やスイッチ不良や液晶割れやバックライトの修理でしたら、お引き受けいたしますので、当社にご相談ください。合同会社ケイエックス(電子機器の専門家もいるパソコン教室だけではないプロ集団です。)Panasonicの半額程度で直る(治る)と思います。基本は中古部品で交換修理です。