このブログは、ケイエックス パソコン教室のブログです。

dimanche, septembre 16, 2012

情報処理技術者資格って要りますか? よくある質問

「情報処理技術者資格って要りますか?」 よくある質問ですが、もちろん、法的には必要ありません。

ネットでは、たぶん持っていないせいぜいパソコンしかできない人が「そんなの要りませんよ。」などと無責任に答えているのをよく見かけますね。銀行や証券会社や国などの世界を動かしているような大型コンピューターの上級の技術者なら持っています。下級の技術者は持っていなくてもいいので、それなりの仕事をしています。ですが、普通は下級の技術者も機会があれば、情報処理技術者の勉強をして資格を取ろうと努力しているのが普通です。

情報処理技術者試験は、技術者(SEやプログラマーやITの管理責任者)が持っているべき知識の指針です。資格を取らなくても、受験勉強をすることにより、ITを活用したビジネスの常識やシステム設計やプログラミングの常識を体系的に学ぶことができます。法的には資格を取らなくて構わないのですが、せっかく学んだら、資格を取りたくなると思います。

私は、まったくプログラミングの常識を知らない人が作ったバグだらけか効率が悪いソフトを直すというか作り直す作業に辟易して、会社を退職し、請負でソフトを作る会社とパソコン教室をはじめました。

できる人に迷惑をかけないためにも、本格的なプログラミングの勉強をしていただきたいものです。うちにもITパスポート試験の受験対策講座がありますが、素養のない人が受けるとたいへんなことになると思います。ある程度できない方は、ご自分で時間をかけて勉強したほうがいいと思います。